放射能物質を少しでも取り除く食べ方のすすめ

放射性物質の規制値越えが相次いで発表される日々も落ち着いてきましたが、育ちざかりの子供を抱える家庭はもとより、妊娠中の人、今後子どもがほしいと願っている女性にも、内部被爆は避けては通れない話題です。何を食べるか、どうやって食べるか、行政任せにするのではなく、自分の手で少しでも食への不安を取り除く努力をしたいものですね。
体内への蓄積が心配される主な放射性物質は以下の三つ。甲状腺に蓄積しやすいヨウ素。全身の筋肉に蓄積するセシウム。骨に蓄積するストロンチウムです。いずれもがんの原因となる可能性が高かったり、生殖器に異常をもたらす可能性の高い物質です。

これらの危険物質を日々の食卓から取り除くためには、まず、食材えらびから注意を心がけましょう。各自治体が随時更新している食品のモニタリング結果を調べながら、自分なりの判断基準をしっかりと持って素材を選ぶことが大切です。

調理の際は、水につけて洗いましょう。特に泥つきの野菜には、土壌中の放射性物質が付着している可能性が考えられます。水に溶けやすいそうなので、十五分程度水につけてから洗うようにすれば、表面上の汚染はかなり取り除けるといいます。それでもとれない、内側に入り込んだ物質も、ゆでることによりある程度は除去が可能だそう。また、傷口には放射性物質が入り込みやすく、洗っても除去が難しいと言います。大きく切って取り除きましょう。

調理法によっても、放射性物質の除去は可能です。肉も野菜も、お酢につけこむことで物質の九割が除去できるというデータが出ているそう。先にも述べたようにゆでることによって除去が可能なものもあるので、葉ものはおひたしにするなど、一度下湯でをする工夫を。その際、当然ながらゆで汁は食べないようにしましょう。肉や魚の煮汁も同様です。特に、魚は内臓や骨に放射性物質が集まりやすいため、子供には骨の周りを出さないよう、注意したいところです。

子供の健康は、ある程度は親の責任。正しい知識で安全な食卓を心がけるようにしたいものです。

不動産売却を広島で行うならひろしま不動産にお任せ!

不用品回収 千葉

店舗 改装 費用

埼玉エリアに強い本格派seo!実績はこちら

木造住宅の屋上緑化効果をご存知ですか?